自宅売却の税金は?3,000万円の特別控除って?

自宅売却の税金は?3,000万円の特別控除って?

3,000万円の特別控除

 

自宅の売却の際に気になるのが、どの程度税金を払わなければいけないのかです。
それなりの金額を受け取るわけなので、かなりの額の税金を払う必要があるんじゃないかと、不安な方も多いと思います。

 

それ以外にも、不動産会社へ仲介手数料を支払わなくてはいけませんし、一体最終的にどの程度残るのか?
売却額を次の物件購入資金にしたい方など、しっかり把握をしておきたいですよね。

 

では、一体どれくらいの税率になるのかですが、人によって、金額によって変わってくるので一概には言えません。
私も調べましたが、正直計算方法が難しく、ある程度勉強や経験が必要だと思いました。

 

しっかり読み込めば分かるとは思いますが、かなり面倒です・・・。

 

でもご安心ください、おそらくほとんどの方は不動産の売却に際する所得税の支払いは必要ありません。
というのも、3,000万円の特別控除という特例があるからです。

 

これはどういうものかというと、自宅を売却したことで得た利益が3000万円までなら、税金がかからないというものなんです。
例えば1千万円で購入した家を4千万円以下で売却すれば、税金がかからないわけです。

 

購入時より3000万円も高くで売れるなんて、投資目的でもない限りはまずないですよね?
普通に自宅を売却すればこの範囲内に収まる場合がほとんどだと思うので、税金の心配は必要ないという事です。

 

ただし、これには条件がいくつかあります。

 

  • ・実際に住んでいる家
  • ・住まなくなって3年以内
  • ・2年以内にこの特例を受けていない
  • ・売主と買主が親子や夫婦でないこと

 

などです。

 

また、この特例を受けるためには確定申告が必要なので、忘れずに確定申告をしてください。
詳しくは依頼した不動産会社の方へ聞いてみてください。

 

自分がこの特例にあてはまるのかどうかも、念のために聞いておいたほうがよいと思います。
素人考えでもし違っていたら、税金は本当に怖いので。

 

様々な借り入れなどと違い、税金は融通がきかないので、税金に関することはしっかりしておいたほうが確実です!


トップへ戻る